涙を流しているのは自分だけじゃない

2010年10月 8日(金) 02:09

「親分」大沢啓二さんが死去

人が亡くなると言うニュースはほんと悲しい。

おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、夫、妻、先輩、彼氏、彼女、友達。
誰が亡くなっても悲しい。
言葉では表現出来ないほど。

なんで死んでしまうのか?
生きれる方法はないのか?
科学者や医者が、早く治る薬を創って欲しい。
そんなことを、10代の頃に思ったこともあった。

その頃に「なんでみんな死んじゃうの?」って曲が出来た。
会津藩2ndアルバム「がんばれ自分!」に収録。

おじいちゃん、おばあちゃん、記憶の景色を思い出し、日記のようなリアルな歌詞を書いた。
人は辛いことを受け止めなくてはいけないのだ。

親は子の幸せを願い、その子が親になり自分の子の幸せを願う。
子どもが幸せだと思って生きていることが、親にとっても幸せなのだ。
愛をもって接し、健康でいる。そして犯罪者にならない。

今言えるのは、
人生いろいろある。
涙が出るなら、涙を流せばいいんだ。

このブログ記事のトラックバックURL

http://aizuhan.jp/mt/mt-tb.cgi/310

​​

ページトップへ