バンドとベースの思い出 1999年~2001年

2011年6月14日(火) 01:28

【バンドとベースの思い出 1999年~2001年】

1999年
大学に行く為、千葉県市川市で一人暮らし始める。
スポーツ推薦だった為、毎日バドミントンに励む(ちなみに高校もスポーツ推薦)。
部活以外の友達が居なかった為と関東の都会にビビり、家と大学以外の外出を控えた。
会津から関東に出てきた友達と会う為に、渋谷へ行った時はオドオドしてた。
ちなみに当時はガングロギャルがいっぱいだった。ヤマンバ。

大学1年で若かったこともあり、部活の練習方針に納得がいかず、バドミントン部を退部。
特にウサギ飛びを毎日やらされたのは納得いかなかったわ。
部活の先輩、同期にはお世話になりました。

時間に余裕が出て、ディスクユニオンやタワーレコードに毎週行くようになって音楽がすべてとなった。

ある日、大学で阿部君(会津藩の結成メンバーのMr.ノリック)に突然話しかけられ、共通の友達の話題と音楽の話題で仲良くなり、バンド組むことにした。
同じ大学で会津出身のヒロシにドラムやってみないと誘った所、やってみたいと乗り気。翌日にお茶の水で電子ドラムを購入させ、ドラムに決定。
まずはRANCIDのコピーをやることにした。俺が一番好きなLET'S GOのアルバム。
しばらく練習したけど、難しくてコピー終了。

そして、オリジナル曲を作り始める。

2000年
バンド名を会津藩と決める。
メンバーは2人とも苦笑い。
当時、日本語のバンド名は少なかったし、すぐ覚えてもらえる名前にしたかった。

そして曲作りも本格的に行い、初ライブも意識するようになる。

  • 初めて作った曲
    輝く明日に会えるように
  • 2曲目
    片思い
  • 3曲目
    失恋
  • 4曲目
    会津藩
  • 5曲目
    xxx(スリーエックス)
  • 6曲目
    xxxx(フォーエックス)
  • 7曲目
    インスト

ライブできる曲数が出来た。

問題は会津の男3人はシャイだった。
女と話せないと言う病だった(何話していいか分からない、無口な男はかっこいいと勘違い)。
もちろん彼女も居なく、全員ほぼ童貞と言う状態。
とても残念な3人の青春。

2001年
大学の音楽サークルイベントに誘われる。

会津藩 初ライブ
なぜかリハーサルに行かない。
アンプのボリュームをどんくらい出していいか分からず、ほぼMAXにしてライブ。

  1. インスト
  2. 輝く明日に会えるように
  3. 片思い
  4. xxx
  5. 失恋
  6. xxxx
  7. 会津藩

の7曲でMCが2か所。
MCは阿部ちゃんだったんだけど、FUCKとしか言ってなかった。

その後は、いつも通り阿部ちゃん家で飲んで寝た。

この年に私は大好きな彼女できました(酔っぱらって毎日電話から進展)。
毎年恒例のファッキンバレンタイン集会に欠席(チョコをもらえない男達の集まり)。
もてない会の脱会。ここから会津藩の3人は別々な方向に進みつつあった。

阿部ちゃんも近くの女子大に通っていた年上の彼女ができる。
通称⇒肉まん めっちゃ巨乳

ヒロシはバンドよりヒップホップが好きになった。
年下の彼女が出来て童貞卒業。

2001年は5本のライブとなった。
この年でこの3人での会津藩は最後となった。

続きはまた書きます。

写真とか載せたかったけど、デジカメとかカメラ付き携帯電話もない時代だったからデータがないな。写るんですとかだったもんな。写真をスキャナーで取り込むしかないね。

このブログ記事のトラックバックURL

http://aizuhan.jp/mt/mt-tb.cgi/372

​​

ページトップへ